つつみます展

2006年11月24日[金]〜12月24日[日]、

『珈琲美学』で開催の

「パッケージデザイナー 立花かつこ・つつみますてん」

の様子を写真で綴ります。



“ココロ”を包む立花さんのパッケージとのコラボレートを

お楽しみください。































































































WORKSギャラリー」 2006.12.07 Thursday

an Bowen(ディーン・ボーエン)













ユーモアたっぷりの動物たち

色、表情に心が和む。



Dean Bowen(ディーン・ボーエン)



1957 オーストラリア、ビクトリア州生まれ

1976 RMIT(ロイヤル・メルボルン・インスティトュート・オブ・テクノロジー)で版画を学ぶ

1993 モナシュ大学で修士号取得 (版画)

1999 論文「Extending Printmaking」でこの分野国内初の博士号取得

2000 兵庫県津名町・長沢アートパークパイロット事業

    アーティスト・イン・レジデンス「多色刷り水彩木版画研修」に参加



現 在 メルボルン在住



* * *



1990 第2回アイルランド・ミニ版画展

1991 オーストラリア・フリマントル版画展

    第5回台湾国際版画ビエンナーレ

1994 オーストラリ国内最高位とされるフリマントル版画賞受賞/

    大阪トリエンナーレ1994版画特別賞受賞

    マケドニア・ビトラ国際版画トリエンナーレ

1996 第3回さっぽろ国際現代版画ビエンナーレ

    第2回エジプト国際版画トリエンナーレ

1997 ポーランド・クラコウ国際版画トリエンナーレ1997

    大阪トリエンナーレ1997版画特別賞連続受賞

1998 第1回神奈川国際版画トリエンナーレ/

     第4回さっぽろ国際現代版画ビエンナーレ・スポンサー賞受賞

1999 第1回国際ミニ・エングレービング展(イタリア、クレモナ)/

    第3回エジプト国際版画トリエンナーレ/

    第23回スロヴェニア・リュブリアナ国際版画トリエンナーレ

2000 ポーランド・クラコウ国際版画トリエンナーレ2000

2002 Nagasawa Artists 1997〜2001 水彩多色刷り木版に挑む

    第5回高知国際版画トリエンナーレ

    ソウル・スペース国際版画ビエンナーレ・買い上げ賞受賞

2003 北京国際版画ビエンナーレ・泰和マスターピース賞受賞

2005 震災復興10周年兵庫国際絵画コンペティション『再生―Renascence』

    第6回高知国際版画トリエンナーレ
WORKSギャラリー」 2006.11.19 Sunday

アンティーク木製 ミル





コーヒー好きの家族のために、使い込まれて・・・

コーヒーオイルが染み込んで・・・表現しがたい色合いに。

人と時間の贈り物。
WORKSギャラリー」 2006.08.08 Tuesday

大江良二「迎えるかたち ?」





大江良二さんの作品には、ホッと一息ついたときに

ピッタリする味わいがある。

以前紹介させていただいた「飛び立つ頃合い」しかり、

α波が大きくなる作用があるのかも。



→紹介サイトはこちら(眉峰ギャラリーさん)
WORKSギャラリー」 2006.07.29 Saturday

御影石の彫刻「家族」







でっち亭と美学の一番大きいテーブルの上にそれぞれ

置かれているのが、久保拓也さんの人間を椅子で

表現したユニークな作品である。



ず〜っと眺めていると想像が広がりますね。
WORKSギャラリー」 2006.07.12 Wednesday



このページのトップへ戻る