バリスタセミナー1 基礎編 5月25日 COFFEE WORKS このぶ店





●石谷貴之バリスタ 

・2008年JBC(ジャパン バリスタ チャンピオンシップ) 3位

・2009年JBC(ジャパン バリスタ チャンピオンシップ)2位

・2010年アジア バリスタ チャンピオンシップ inシンガポール 3位 

*原宿 アニヴェルセル・カフェ

http://www.leclubpeugeot.jp/style/vol_3/



●西谷恭兵バリスタ

・2004年JBC(ジャパン バリスタ チャンピオンシップ) 初挑戦で2位

*青山 バール イル プリマリオ(以前、徳島にお住いの方のブログより)

http://www005.upp.so-net.ne.jp/la-chronicle/sptnk_03.html



------------------------------------------------------------

■スケジュール

------------------------------------------------------------



エスプレッソ 抽出



1:ドーシング(一回分の適量を配分)

  ポルターフィルターに何グラムの粉を使用するかでなく

  一定量を均一に分配することが目的で重要である。

2:レベリング(分配した粉を水平にはかる)

  コーヒーの粉を押し詰めるのではなく、ニュートラルな

  イメージで粉を量る。

3:タンピング(粉を押し固める)

  粉を押し固める強弱ではなく、ポルタ−フィルターに水平に、

  粉の密度を均一にする

4:その他 ホルダーの脱着・フラッシュ・クリンネス・etc

5:エスプレッソのティスティング

6:その他  





カプチーノ 抽出



1:ミルク、スチーミングの実技、解説

2:スチーミング  空気をミルクに取り込む 〜 対流

3:スチーミングの終点(温度)

4:ミルクの攪拌 〜 注ぐポイント(フォーム)

5:染み消し 〜 キャンパス → 完成

6:カプチノ ティスティング

7:その他



------------------------------------------------------------



経験に裏打ちされた的確な理論と磨かれた技術

今回のセミナーは中身の濃いセミナーであった。



私が一番聞きたかったのは、

チャンピョンシップに出場するためだけではなく

お客様に提供する美味しいエスプレッソ(豆、焙煎、ブレンド、抽出)を、

如何に作っていくかということであった。



今回、そのヒントをバリスタとして

与えていただいたことが、最も価値のあることである。



コーヒー  永遠に続きますね〜〜!楽しい〜!







珈琲四方山話」 2010.05.30 Sunday



このページのトップへ戻る