徳島県立吉野川高等学校の生徒さんとのスクールカフェ

11月8日、吉野川高等学校の生徒さんが日頃授業で学んだことや将来の目標や夢をカタチにする「スクールカフェ」に参加させて頂きました。
実は、私どもTOKUSHIMA COFFEE WORKSは、今年の5月から吉野川高等学校様で社会人講習の講師として招いていただき、微力ながら生徒さんにカフェの運営の仕方・接客やサービス・コーヒーの淹れ方・スイーツの作り方など指導させて頂いております。

 

これはスクールカフェ前日の授業風景です。

 

先ずは作る前の準備(オペレーションの確立)です。どこに何を置くか?作業を行いやすくするための重要なポイントです。

 

 

 

 

みんな一生懸命に練習しています。
エスプレッソの抽出、これが意外と難しいのです。

 

 

 

いよいよミルクを注ぐ、最後まで気は抜けません!

 

 

 

一回だけの授業で、このラテアートの完成度の高さには驚きました!

 

 

 

このように授業で一緒に学んできたことを、この日の「スクールカフェ」で生徒さん一人一人がその成果を見せてくれました。
「とびっきりの明るい笑顔でお客様を迎える子」、「お客様へのサービス(オーダーを聞きにいく・空いているお皿を下げる・お冷を入れにいくなど)を自分からすすんで気がつく子」など、直接お客様にサービスを行う生徒さんはみんなチームワークが抜群でした。

また厨房では地元の食材を使って自分たちでパウンドケーキを作り、カット、盛り付けなど協力しながら仕事を分担し、見た目にも美味しそうな一皿を提供していました。ドリンクでは、本日のお茶(徳島の健康茶)やコーヒーなどを提供しており、特にコーヒーに関しては、今回直接授業させて頂いているので、正直私のほうが少し緊張しました・・・。
けれども、コーヒー担当の生徒さんは授業で伝えさせて頂いたことをきちんと覚えてくれていて、ドリップもエスプレッソも一つ一つの作業手順を丁寧に行い、素晴らしいコーヒーを作ってくれていました。この日、来ていただいた地域のお客様にもきっと喜んでいただけたことだと思います。
“一生懸命取り組む姿勢”、“お互いが助け合う気持ち”、“自分たちができる最高のパフォーマンスでお客様を迎える”。このたび初めて「スクールカフェ」を見させて頂きましたが、生徒さんたちのこういった姿は私自身改めて勉強になりました。

セミナー・イベント情報」 2018.12.02 Sunday



このページのトップへ戻る