エチオピア





2月2日から昨日まで関空からアラブ首長国連邦(UAE)経由してエチオピアに出かけておりました。今回はコーヒーのルーツを見、もう一度コーヒーとは?そして自分とコーヒーの関わりとは?を見極めるいい旅になりました。エミレーツ航空でアラブ首長国連邦までおよそ11時間、世界で一番の金満大国と言われているドバイに到着。そこからエチオピア航空に乗り換えて4時間、アジスアベバに到着。出発前から風邪を引いて体調を壊していたのもあるには在るが、いきなりアフリカ特有の洗礼を受ける。後々食べ物飲み物を慎重にして回復する。贅沢が体に一番悪いと思い知る。翌日早朝から日本で最も有名なコーヒーの一つ、ハラー「モカ・ハラー」地区に向かう。空路一時間でダラデワに。これ以降、案内をお願いするモプラコ社のヤンニ氏を尋ねる。モプラコ社からオフロードでおよそ200キロ程のベテノ地域のアビシニア種(コーヒーの原種)を見に行く。

道々、山羊・羊・牛をつれた家族?に次から次から出逢う。『市場に家畜とかコーヒーを売りに行く・・・・』疲れてはいるようであるが、夫婦、子供、皆一緒に黙々と歩いている。何日も掛けて、何も持たずに、そして生きる為に・・・少し感傷的になる。生産国に出かけるといつも思うのは、我々のある一面は非常に恵まれているにはいるが、何処かに何かを忘れてきた様な・・・貧しくて、空腹でも子供たちが元気で明るく、目が輝いていて印象的で、本当は我々よりずっと幸せなのでは・・・・と思う事である。特にアフリカにはコーヒーのルーツだけではなくて「人間の原点も在るのでは・・・」と初日から随分と、はいってしまった。コーヒーの木の事、等は次に続く・・・・写真は農園近くで
珈琲四方山話」 2006.02.11 Saturday



このページのトップへ戻る