Laboセミナー報告[12/15開催/講師:大坊 勝次氏]



平成27年12月15日(火)

大坊珈琲店・大坊勝次さんを講師にお迎えし、
第6回COFFEE WORKS LABOセミナーが開催されました。

2013年に惜しまれて閉店した東京南青山の【大坊珈琲店】。
38年間自家焙煎とネルドリップというスタイルを変えずに
珈琲を作り続けてきた大坊勝次さん。

今や東京のみならず、全国、そして世界にまで知れ渡る伝説のお店。
同じ時間を共有できるなんて夢のようです。

マスターから『ここでこうやって珈琲を淹れてくれることが奇跡』
と紹介を受けた大坊さん。
はにかみながら深々とお辞儀をする姿に背筋がピンと伸びました。



LABOにご来店された方に順々に大坊さんのコーヒーが振舞われました。
メニューにある5種類の濃度のブレンド、4番の25g50cc。一番濃いコーヒーです。
「すごくしっかりなのに甘みが広がる!」
「苦味と甘みのバランスが素晴らしいね!」
とすでに参加の方々の心を奪う密度の濃い珈琲。



細く長くお湯を注ぐ右手は静止したまま、
ゆっくりと弧を描きながらネルを持つ左手以外は微動だにしない大坊さん。
目線はお湯の着地点をじっと見つめたまま、集中がこちらにも伝わってきます。
そこだけ時間が止まったような感覚に静まりかえる店内。
息をするのも忘れてしまいそうです。

決して大坊さんの集中を妨げることなく、
スムーズに無駄のないサポートをされる奥様の動きも
見ていてとても気持ちの良いものでした。
お二人の長い年月と絆を想像できるそのカウンターを見つめながら
『息ぴったり』とはこのことを言うんだな。と感心してしまいました。

参加者30名様分のコーヒーを点て終え
ほっとした表情の大坊さんに大きな拍手が沸き起こりました。
先ほどの真剣な表情とは打って変わって少年のような笑顔です。

次に先ほどより少しだけ軽めのコーヒー。
3番の20g100ccのブレンドです。
「まさか大坊さんのコーヒーを2杯も頂けるなんて!」
「しっかりとしたコクはそのままなのに軽やか!」と皆さん大満足のご様子。

後半は席に着いて大坊さんとのトークタイム。
質問に対して、きちんと考えを組み立ててからお話を始める大坊さんは
本当に真面目で誠実な方という印象を受けました。

焙煎についてのとても繊細なお話から始まり、
自分の目指す珈琲のイメージ、閉店したお店への思いなどたくさんのお話を伺うこと
ができました。
舞踏家の大野一雄さんのお話もとても興味深いものでした。

「浅煎りが流行になりつつあるということ、深煎りやネルドリップが少なくなってき
ていることについてはどう思いますか?」という質問には

「作る人も飲む人も、百人いればこだわりは百通り。
選択肢はたくさんある方がいい。珈琲は自由であるべきだ。」

「どうしてブレンドを一種類しか置かないのですか?」という質問には
「自分が好きなものを出すべき。
ニーズがあるから出す、というのは違うと感じたから。
客商売としてそれがいいのか悪いのかは分からないけれど(笑)」

と全ての質問に誠実にお答えいただきました。

最後に「大坊さんが一番大切にしていることはなんですか。」という質問。

「僕はちっぽけな1つの存在として、
その小さいことを受け入れ、大切にしたい。
そりゃあ見栄を張る時だってたまにはあるけれど、
どれだけ自分の存在に率直になれるかを常に思っている。」

熱いものが込み上げました。
『伝説』とまで言われるような存在になっても
大坊さんはブレずに『初心』。
自分の納得のいく珈琲を追い求め、常にお客様に自分の精一杯を提供する。
全てをさらけ出した珈琲に「私はこうです。あなたはどうですか?」
と問われているようです。

目まぐるしく変化していく世の中で、『変わらずにいる』ということは
強い意志を持っていないととても難しいことです。
そのブレない信念とストイックなまでのこだわりに
人は憧れと尊敬の念を抱くのでしょう。

自分の中の理想と一致する物を見つけ出すまで妥協はしない、
そうやって作り上げてきた空間に全ての想いを込めた一種類のブレンド。
濃度でお客様の好みに寄り添うスタンス。
全てにおいて貫き通す姿勢。
そんな『本物』のお店が
今はもうないのだと思うと残念でなりません。

「珈琲を飲むことは生きていく上でそんなに大切なことではないかもしれません。し
かし1人1人がじっくりと珈琲を飲める、珈琲でなくてもいい、自分とゆっくり向き合
える時間、そういう時間をわざわざ作っていける文化ができたらいいですね。」と素
敵な言葉もいただきました。

セミナーの最後はマスターから「今日夢が1つ叶った。」
「どうかまたどこか大坊さんの珈琲が飲める場所を!」と締めくくられました。

お土産に大坊さんの焙煎した珈琲豆もいただき、
(値段の付けようのない幻の珈琲!)
なんとも贅沢なセミナーとなりました。

継続は力なり。
年月と人と、強い信念のみが作り出せるこの伝説に、
そしてそこから見える景色に、
少しですが触れることができとても幸せなセミナーとなりました。



大坊さん、奥様、素敵な時間をありがとうございました!
参加していただいた皆様も本当にありがとうございました!

カブ
セミナー・イベント情報」 2015.12.20 Sunday

【満席】COFFEE WORKS LABO12月セミナーのおしらせ



「大坊珈琲店・大坊勝次さんのコーヒーを体感する!」

●講師
大坊珈琲店 大坊勝次さん

●日時
12月15日(火)
15:00〜

後半はコーヒータイム

●会費
5,000円

●会場
TOKUSHIMA COFFEE WORKS LABO
徳島市大原町千代ヶ丸山30−8

●内容
東京南青山に、38年間自家焙煎とネルドリップというスタイルを
変えずに、コーヒーを作りつづけた喫茶店「大坊珈琲店」があった。
●著者、大坊勝次●発行者、小川雄一
●発行所、株式会社誠文堂新光社
「大坊珈琲店」 大坊勝次 より

大坊さんは、12/12公開の映画「A FILM ABOUT COFFEE」にも登場します。
一緒の時間を共有しましょう。

●ご予約
・お電話の場合→tel.088−663-2080(担当:にい)
・メールの場合→info★coffee-w.com(★部分を半角の@に変えて送信してください)
※タイトルに「セミナー参加」、
本文に「ご住所、メールアドレス、お電話番号」をお書きください。


●満席になりましたのでお申し込みを締め切りました。

セミナー・イベント情報」 2015.11.16 Monday

Laboセミナー報告[11/10開催/講師:土屋 浩史氏]



11月10日(火)

カフェプントコム代表
土屋 浩史さんを講師にお迎えし、
LABO第5回コーヒーセミナーが開催されました。

「コーヒーの種子からカップまで(FROM SEED TO CUP)」

中米・アフリカ等コーヒー買い付けのスペシャリストであり、
輸入販売に加えコーヒーセミナーの講師、
技術指導など幅広くご活躍されている土屋浩史さんから
コーヒーの生産工程や流通過程、また買い付けの際に現地で感じた
生の最新情報等詳しく教えていただきました。

種を発芽させてから収穫できるようになるまで
最低でも2,3年かかるコーヒーの木。
失敗したからと言ってすぐやり直しの利くものではないという
農産物の難しさから始まり、
各国の栽培・精製・集荷方法の違いや最近のコーヒーの消費動向など
写真や動画を使って丁寧に説明して下さいました。



見るからに人の良さそうな土屋さん。
買い付けでは産地の人になめられないように
にらみをきかせることもあるのだそう。

悪いものを買わされたりしないようにハッキリと自分の意見を伝え、
もちろん良いものが来たら「良かったよ。ありがとう」と、
産地の方と信頼関係を築くことが何より大切だとおっしゃっていました。

初めて買い付けされたニカラグアの豆を乗せた船が着くその晩は、
本当に届くのか不安で眠れなかったこと。

世界最貧国の1つと言われているエチオピアでは
輸出規格を満たしているコーヒーは
輸出しなければいけないため国内では飲めないというお話。

昔は生産者がコーヒー豆の価値を知らなかったから安く手に入ったが、
今は生産者もその価値を認識して、
自分達で味見をし、良いコーヒーは高値で売るようになった。とか、

昔は産地で他の買い付けの業者さんと顔を合わせることは
ほとんど無かったけれど、今は韓国やオーストラリアなど
様々な国の業者さんと鉢合わせをするし、
生産者も高値で買ってもらえるように焙煎の技術も磨いている。

これはだまっていてもいいコーヒーが買える、という時代ではなくなったな。
もっと自分からアピールしていかないといけないな。
など、思っていたイメージとは全然違う
興味深いお話をたくさんしていただきました。

土屋さん曰く、
「コーヒーとは夢のある、ロマンのある面白い農産物」。
エチオピアにはエチオピアの、
コロンビアにはコロンビアのそれぞれの特徴を
まるで物語のように楽しそうに話す土屋さんからは
コーヒーに対する深い愛情を感じられました。



最後に土屋さんを囲んでの懇親会。
オーガニック認証コーヒーの需要や
大手コーヒー会社はどのように豆を仕入れているのか、
直接農園とアクセスして買い付けするのは可能か?
など様々な質問に丁寧に答えていただき、
和気あいあいとしたセミナーとなりました。

今回のセミナーでFROM SEED TO CUPの流れをよく理解することができました。
また、そう考えてみるとその流れに自分も含まれているのだなぁと。
生産者、輸出業者、焙煎者、たくさんの方の想いを繋いで、
そして自分の想いもプラスしてお客様の手元に届けられるように
一層気持ちを引き締めようと感じることができたセミナーでした。


土屋さん、楽しい時間をありがとうございました!
セミナーに参加していただいた皆様もありがとうございました!


カブ
セミナー・イベント情報」 2015.11.13 Friday

Laboセミナー報告[10/20開催/講師:桑木孝雄氏]



10月20日(火)、
UCCコーヒー博物館所属UCCコーヒーアカデミー専任講師
桑木孝雄氏を講師にお迎えし、
LABO第4回目のコーヒーセミナーが開催されました。

今回もたくさんの方のご参加ありがとうございました。

UCCコーヒーアドバイザー、コーヒー抽出士・指導者、
UCCグループ社内抽出プログラム責任者、
IIAC認定バリスタ、SCAAカッピングジャッジ、
CQI認定 Qグレーダー、JBC認定 ジャッジ、
JSC・WSC認定ジャッジ、WSC認定ジャッジ、
JHDC認定ジャッジ、JBrCジャッジ。
JBC2007チャンピオン宮前氏のヘッドコーチ、
同年チームJAPANヘッドコーチ、
JHDC日本代表 幸田氏のコーチ、
同年、WBrCのメルボルン大会出場のトレーナー

・・・とマスターからの紹介だけで2時間を終えてしまいそうなほど
たくさんの輝かしい経歴・資格をお持ちの桑木さん。

競技会にいないことがない。と言われるほど
コーヒー業界にとって重要な方で、
「徳島で桑木先生の講義が受けられるなんて!」
と目を輝かせる参加者の方々。

やはり今回も【トップと言われる方ほど謙虚】の法則が当てはまります。
物腰柔らかで、笑顔のとても素敵な方でした。

サードウェーブのお話から始まり、スペシャルティコーヒーについて、
様々な抽出器具、豆の挽き目やコーヒーの味を決める要素など
難しい話も分かりやすく、噛み砕いて説明して下さいます。
さすがカリスマ講師!

そして本日のメインであるサイフォン抽出。

桑木さんによる実演です。

全てを見せながら抽出するという
見た目の演出も大きな役割を担っているサイフォン。
フラスコにお湯を注ぐ様からスマートです。

アルコールランプの代わりに
ハロゲンランプを使用した【光サイフォン】はとても幻想的な光を放ち、
客席からは「わぁキレイ!」とため息にも似た声が上がりました。

1つ1つの作業についても丁寧にその理由を説明をしていただき、
魔法のようにフラスコのお湯が吸い上げられ
コーヒーに変身して帰ってくる様に見入ってしまいました。



桑木さんの教え子さんで、コーヒーマスターズ2015
サイフォン部門チャンピオンの三間沙織さんがここで登場。

女性でもドキドキしてしまうような
カッコイイ系美人サイフォニストさんです!

桑木さんの講義を受けてなお
チャンピオンのコーヒーまでいただけるというのですから
なんとも贅沢なセミナーです!

くるくるとコーヒーを攪拌する手つきがなんとも柔らかくなめらか。
抽出後のコーヒーかすを見てもきめ細やかな泡。

全員で分けるため少しずつしか当たらないコーヒーに、
美味しい!もっと飲みたい!なんて声も(笑)



次に数名ずつ順番にサイフォン抽出にチャレンジ。
理科の実験を思い出します。

カブも後ほどトライさせていただいたのですが、
沸騰石の代わりとなる玉鎖のフックを
きちんとロートにかけていなかったため、
珈琲豆がフラスコにどぼどぼと落ちてしまうという凡ミス・・・
理科の実験中にどういう訳か前髪を燃やしてしまう子がいましたね。

私です。

当店のスタッフも、サイフォンにはあまり馴染みがないため
我も我もとこぞってサイフォン抽出体験。

淹れ方を見ていた桑木さんから
「このコーヒーの味を当ててみましょうか?」
「まず初めに感じるのが水っぽさ、
それから舌に帯状に感じる苦味、後味は・・・」

飲んでみるとなるほどその通り!
「さすが!!」とスタッフ全員で感動する場面もありました。

最後にサイフォンで淹れたコーヒーの点数合わせ。
様々な競技会の審査員をされている方の目線でされるお話は
普段なかなか耳にすることができないため
とても興味深い貴重な時間となりました。

とても盛り上がった今回のセミナー。
楽しくて時間が経つのがあっという間でした。

サイフォンについて無知だった私ですが、
まだまだ知らない世界がたくさんあるんだな。
これからまた新しい抽出器具が開発されたりするのかな。
と、童心に帰ってコーヒーの未来をワクワクしながら
考えることができた素敵な時間となりました。

そして、ドリップもサイフォンも基本は同じ。
コーヒー豆から美味しい味を出すこと。
単純だけれど単純だからこそ突き詰めると奥が深い。
もっともっとコーヒーの世界を知りたいと思えるセミナーとなりました。

桑木さん他UCCの方々お忙しい中本当にありがとうございました!
セミナーに参加していただいた皆様もありがとうございました!


カブ

 
セミナー・イベント情報」 2015.10.24 Saturday

COFFEE WORKS LABO11月セミナーのおしらせ


●講師
カフェプントコム代表 土屋 浩史さん

●日時
8月25日(火)
11月10日(火)
15:00〜17:00 セミナー
17:00〜18:00 懇親会
※8月に開催予定でしたが、台風15号の影響で延期になり、
 上記日程で開催されることになりました。

●会費
3,000円(セミナー+懇親会)

●会場
TOKUSHIMA COFFEE WORKS LABO
徳島市大原町千代ヶ丸山30−8

●内容

「コーヒーの種子からカップまで」
中米・アフリカ、コーヒー買い付けのスペシャリスト、
土屋浩史さんからコーヒーの生産工程を学びます。
コーヒー、世界へと繋がります!

●ご予約
・お電話の場合→tel.088−663-2080(担当:にい)
・メールの場合→info★coffee-w.com(★部分を半角の@に変えて送信してください)
※タイトルに「セミナー参加」、
本文に「ご住所、メールアドレス、お電話番号」をお書きください。

皆さまのご参加をお待ちしております!

---------------------------------
土屋 浩史氏プロフール
---------------------------------
●1967年 東京生まれ
●1986年 東京農業大学農芸化学科入学
●1990年 同大学院修士課程農芸化学専攻入学
●1991年 同終了
●1992年 大手農機具会社入社
*米穀の品質に関する研究及び品質測定装置開発に携わる。
●1994年 同社を退社
●1994年 大手コーヒーロースター入社
*開発研究室、品質管理及び商品開発に従事
●1997年 日本のスペシャルティーコーヒー産業の立ち上げに寄与
*スペシャルティーコーヒーの国際審査員として、世界中で活躍
●2003年 同社生産管理部購買課
*コーヒーの買い付け、輸入、品質管理、食品購買に携わる
●2005年 日本スペシャルティーコーヒー協会トレーニング委員会委員となり、
業界の発展に寄与(現副委員長を務める)
●2007年 同開発事業部
*コーヒー全般の商品開発に携わる
●2008年 スペシャルティーコーヒーの鑑定士資格CQI(コーヒー品質研究所)認定Qグレーダーとなる
●2009年 同社退職
*コスタリカ、グァテマラ、パナマを訪問し、買い付け
●2009年 カフェプントコムを立ち上げ、
世界のコーヒー産地と日本のスペシャルティーコーヒー消費の末端を繋ぐ役割を担い、生豆輸入販売
各種セミナー、ワークショップ等教育活動、技術指導を行っている。
コーヒーの産地から消費まで、日本のコーヒー地位向上のため活動
現在に至る。

「ラテンアメリカ、アフリカ、アジアを旅し、
高品質コーヒー豆の買付を行っております。
その中でパートナーとの人間関係を深めています。
近年は欧米、アジアの消費国との買付競争が激化しておりますが、 
人間関係の構築が良いコーヒーの安定的調達に繋がると実感しております。」



セミナー・イベント情報」 2015.10.04 Sunday



このページのトップへ戻る