オクラレルカ・フリージア









直線を使って無機質に生けただけであるなら、

そこには緊張感しか存在しない。

いけ花には「いぶき」を感じる「すべ」がある。
カウンターの生け花[2006]」 2006.03.29 Wednesday

お好みは・・・・・?





昨年Orderをしてあったコーヒー豆が2月から次々に入港している。ブラジル、マンデリン・トバブルー、グァテマラ、エチオピア等、7月まで続く。



一昨日、お客様から『以前よりも酸味?香りかなぁ?を感じるのは・・・・?』と言うご質問とクレーム(?)を頂いた。一年を通して同じ味を出して行くのがプロ、ましてブレンド・味を変えるとは・・・・と言うご意見は当然の事と理解している。ブレンドの配合比率を変える、或いはニュークロップ(収穫後数ヶ月以内の生豆)にカレントクロップ(収穫後数ヶ月〜10数ヶ月の生豆)、パーストクロップ(収穫後1年〜2年)を混ぜる、または焙煎の初期の段階に時間を掛けて味を抜くという事も出来るけれど、「今だからこそ出せる香りと味を味わっていただきたい!!」という思いもまた強い。



コーヒーの酸味(コーヒー本来の酸味は清涼感のある酸味で、良質な豆ほど酸味がある。もしかしたら、好みではない人もいるかも)を如何に焙煎で表現できるかが焙煎人の技術。今、この時期にしか出せない“フルーティ”な味を、“単なる酸味”にしてしまわないよう細心の注意を払いながら焙煎している。ニュークロップの焙煎は、既成概念を打ち砕く嬉しい発見に満ちているような気がするのである。



* * *



この機会に、日本に入って数ヶ月の香りを楽しみませんか?



来年1月〜2月に入るブラジルは今から楽しみです。

先日Orderをした「イエローブルボン・チェリーのままでの日陰干し」のOfferが来ました。

5月から収穫が始まるようです。

甘〜いコーヒー、入ったら直ぐに飲みたいと思いませんか?



こう、ご期待です。
珈琲四方山話」 2006.03.28 Tuesday

『050(ゼロ・ゴ・ゼロ)』4月号に掲載していただきました





40代・50代から徳島をもっと楽しむタウン誌『050(ゼロ・ゴ・ゼロ)』2006年4月号に掲載していただきました。



内容は、珈琲美学のマスター・小原博の珈琲探訪記です。カラー見開き2ページ(!)も頂いておりますので、読み応えがあると思います。



WEBとはまたひと味違った紙の上での文章と写真をぜひご覧ください。ご意見やご感想などお寄せいただけると嬉しいです。
掲載情報(雑誌など)」 2006.03.23 Thursday

べにすもも こでまり









べにすももの淡いピンクの花とまっすぐに伸びた枝、

こでまりのうす緑色と曲線を欲張りに活けたくて。

春の日差しにあわせて・・・・・
カウンターの生け花[2006]」 2006.03.23 Thursday

焙煎記録





昨日は東京ビックサイト(ホテルレストランショー開催中)でSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)の社員総会に参加。ちょうど、『知人が新橋に珈琲店を開店、大型焙煎機を設置!』という凄いニュースが飛び込んできたので、「これはもう、行くしかあるまい」と、やじ馬根性を遺憾なく発揮して・・・飛んで行ってきた(何というすばらしいタイミング!)。



日本の中心、銀座に隣接の路面一等地に焙煎室?・・・排煙は?・・・スペシャルティーコーヒー業界も然ることながら、凄いコーヒー屋もあるものだ。思いっきり刺激を受けただけでは無いのであるが、いつもの様に自分の焙煎室に座る。



一番気持ちが安定する場所である。家が嫌なわけでもない。



今日はコロンビア・サンチェアリオを焙煎する。在来種であるティピカ種100%の契約農園ものである。雑味が無く、フローラルで後味のすっきりとした、このコーヒー本来の特性を引き出す焙煎度合いにする。ある時期、コロンビアには期待するものが無くメニューから外した事もあったのだが、サンチェアリオに出逢ってからはまた、ぞっこんである。



火力を抑え、ゆっくりとした焙煎にする。火力と排気のバランスさえ合せれば浅煎りでも渋みと酸味をコントロールできる。焙煎を「かまど」で炊くご飯に例える人がいる。



「始めチョロチョロ中パッパ、後は置き火蒸らし」



そのまんまの焙煎である。投入からおよそ30分、1ハゼの後・・・『もうそろそろ出さないと!』のタイミングで釜から冷却槽に出す。どこかでパチッっと気の早い豆が2ハゼに入りかけたタイミングである(シティーロースト)。充分に冷却して、先ずはコーヒーメーカーで点ててみる。刺激の無い流れ込む様なコーヒー。



ブラックが、美味しい。
珈琲四方山話」 2006.03.19 Sunday



このページのトップへ戻る