御影石の彫刻「家族」







でっち亭と美学の一番大きいテーブルの上にそれぞれ

置かれているのが、久保拓也さんの人間を椅子で

表現したユニークな作品である。



ず〜っと眺めていると想像が広がりますね。
WORKSギャラリー」 2006.07.12 Wednesday

「転位 ’92−地−?」







珈琲美学の入口近くに掛けられているのは

中林忠良さんの版画(エッチング)である。

写真と見間違う程に繊細な植物の描写と影?

白と黒のバランスが見事な作品である。



●中林忠良さんについてはこちらをご覧ください。

http://www.g-cp.co.jp/artists/NAKABAYASHI_Tadayoshi.html

http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/collection/item/P_202_1117_J.html
WORKSギャラリー」 2006.06.29 Thursday

備前焼のコーヒーの器





でっち亭には開店当初から買い集めた

備前焼の花入れ、器、徳利等が並べられている。

金重陶陽賞を受賞している作家・小西陶蔵さんの

作品がほとんどである。



ネルドリップで淹れるドライブラック、「この器で・・・・」と

オーダーしてください。
WORKSギャラリー」 2006.06.21 Wednesday

手回しロースター





ヨーロッパで昔使われていたロースター(焙煎機)である。



機械の下に炭を入れられる様になっている。

無名の職人の手によるものであるが、

使い込まれた色合いと形がいい存在感を醸し出している。
WORKSギャラリー」 2006.06.06 Tuesday

藍染暖簾





でっち亭のカウンターに掛かっている四季折々の暖簾は

藍染作家「かじもとときこ」さんの作品である。

伝統とモダンの調和が見事である。



------------------------------------------------------------



かじもとときこさんの展示会が芦屋市で開催されます。



工房一草 かじもとときこ展示会

藍染展 天然藍にひそむ色




連綿と息づく徳島の藍を

昔ながらの「木炭汁による発酵建て」により

木綿・麻・絹などの布に染めました。

日々のくらしのなかに

藍の色も添えていただければ幸せです。



2006年6月1日(木)〜4日(日)

11:00〜19:00(最終日〜18:00)

ぎゃらりー藤

兵庫県芦屋市月若町8−6

tel 0797-22-3826

阪急芦屋川駅より徒歩1分





WORKSギャラリー」 2006.05.18 Thursday



このページのトップへ戻る