備前焼のコーヒーの器





でっち亭には開店当初から買い集めた

備前焼の花入れ、器、徳利等が並べられている。

金重陶陽賞を受賞している作家・小西陶蔵さんの

作品がほとんどである。



ネルドリップで淹れるドライブラック、「この器で・・・・」と

オーダーしてください。
WORKSギャラリー」 2006.06.21 Wednesday

手回しロースター





ヨーロッパで昔使われていたロースター(焙煎機)である。



機械の下に炭を入れられる様になっている。

無名の職人の手によるものであるが、

使い込まれた色合いと形がいい存在感を醸し出している。
WORKSギャラリー」 2006.06.06 Tuesday

藍染暖簾





でっち亭のカウンターに掛かっている四季折々の暖簾は

藍染作家「かじもとときこ」さんの作品である。

伝統とモダンの調和が見事である。



------------------------------------------------------------



かじもとときこさんの展示会が芦屋市で開催されます。



工房一草 かじもとときこ展示会

藍染展 天然藍にひそむ色




連綿と息づく徳島の藍を

昔ながらの「木炭汁による発酵建て」により

木綿・麻・絹などの布に染めました。

日々のくらしのなかに

藍の色も添えていただければ幸せです。



2006年6月1日(木)〜4日(日)

11:00〜19:00(最終日〜18:00)

ぎゃらりー藤

兵庫県芦屋市月若町8−6

tel 0797-22-3826

阪急芦屋川駅より徒歩1分





WORKSギャラリー」 2006.05.18 Thursday

アルマジロ







グァテマラの農園を訪れたときに見つけた「アルマジロ」。

アンティックショップの店主によると『お父さんが子供の為に作った椅子』だとか。
WORKSギャラリー」 2006.05.07 Sunday

大江良二「飛び立つ頃合い」







珈琲美学の入り口から客席に向かって一番先に目に飛び込んでくるのが、大江良二さんの「飛び立つ頃合い」という油絵。

子供が描いた絵のように、「夢」と「温もり」を与えてくれる。



私の好きな作家である。



作者・大江良二さんについてはこちらのページをご覧ください。

http://www.nmt.ne.jp/~bihoh/ooeryouji.htm

http://www.yufuin.gr.jp/art/backnumber/2002/artkongetu10.htm
WORKSギャラリー」 2006.04.23 Sunday



このページのトップへ戻る