「ブラジル・ナチュラルハーフ・カフェイン」を新発売しました!

 

カフェインはコーヒーの特徴的な薬効成分ですが
(眠気覚まし、集中力や運動能力の向上など)
体調や体質によっては、
カフェインの摂取をできるだけ控えたいときがあります。


現在市販されている“カフェインレスコーヒー”は、
カフェインを人工的に90%以上除去したコーヒーですが、
カフェインの除去とともに
様々な成分が多少、損失するのは避けられないと言われています。

そして、コーヒー本来の風味が損なわれてしまうという
デメリットも発生します。

 

「ブラジル・ナチュラルハーフ・カフェイン」は、 
華やかな風味に特徴がある自然そのままでおいしい
低カフェインのコーヒー品種です。

●カフェイン含有量が一般的なアラビカ品種の1/2
●低カフェインにも関わらず、華やかな香りと上質な酸味

「ブラジル・ナチュラルハーフ・カフェイン」は
「ローリナ種」といわれる品種です。

 

リロイ、ブルボンポワントゥ、「ローリナ種」の名前の由来と変遷

 

(1)1715年
イエメンからレ・ユニオン島にコーヒーが持ち込まれました。
このコーヒーが「ブルボン種」と言われています。

(2)1771年
リロイ氏が、新種を発見(後の「ブルボンポワントゥ」)。
当時の呼び名は“リロイ種”でした。

(3)1880年
“リロイ種”がニューカレドニアに持ち込まれました。

(4)1890年頃
レ・ユニオン島で、通常のブルボンと区別するために
「ブルボン ポワントゥ」と呼ばれるようになりました。

(5)1920年頃
 品種分類の研究が進み、「ブルボンポワントゥ」には、
「ローリナ種」の名前が付けられました
葉がローレル(月桂樹)に似ているところから
その名が付いたと言われています。

(6)1932年
ブラジルカンピーナスの研究所(IAC)設立時には、
すでに「 ローリナ種」があったそうで、
その特徴からブラジル・ナチュラル・カフェインハーフと言われています。

このコーヒーは、アラビカの一般品種よりも栽培管理が難しく、収穫量も1/3程度です。
栽培管理や収穫作業はすべて手作業で行われています。

まろやかで、スッキリとした飲み口と甘味です。
“カフェインを控えたいけれど、本格的なコーヒー”を
お求めのお客様にピッタリのコーヒーです!

 

NEWS」 2016.10.13 Thursday

【今月のおすすめ】パナマ・エレタ農園のコーヒー

今月のおすすめは、パナマ・エレタ農園のコーヒーです。

マイルドでスッキリとした味わいがあり、バランスのとれたコーヒーです。

今回は中煎りにします。

 

●パナマ・エレタ農園のコーヒー200g×2袋

 1,620円(税込・メール便送料込み)

NEWS」 2016.10.06 Thursday

パナマ・エレタ農園のコーヒーを新発売しました!

このパナマ・エレタ農園のコーヒーは、

マイルドでスッキリとした味わいがあり、

バランスのとれたコーヒーです。

 

今回は中煎りにします。

 

ぜひご賞味ください。

 

NEWS」 2016.10.06 Thursday

パナマ・エスメラルダ農園のゲイシャ、今年も入荷

 

ゲイシャ(Geisha)種はスペシャルティコーヒーの世界で最も注目を集めている品種です。

エチオピア起源の原種といわれるこのゲイシャが世界の注目を集めたのは2004年。
パナマの国際オークション(Best of Panama)で
ラ・エスメラルダ農園が出品した[Jarmillo Especial]が
ポンドあたり21ドルという当時の最高落札価格を記録したことからはじまりました。

そして、2010年の同オークションでも
エスメラルダ農園のゲイシャ種は落札価格1ポンド当たり170ドルという
史上最高値を大きく更新しました。

このゲイシャ種は粒が大きく、細長い外観をしており、
カップは非常に秀逸なフローラルなアロマと柑橘類を思わすフレーバー、
驚くほどすっきりした甘味を伴った酸味が特徴的です。
しかし、ゲイシャ種は栽培が難しく、あまりに生産性が低いために
長い間全く注目されることもなく、ほとんどが姿を消し、
現在では非常に貴重な品種となっています。

NEWS」 2016.09.22 Thursday

コロンビア・オーガニックを発売しました!

コロンビア北部のマグダレーナ県、セサール県、
ラ・グアヒラ県などに広がる
シエラネバダ・デ・サンタマルタ山脈は、
標高5.775mの山岳地帯でありながら
広大な沿岸地域に面しており、世界で最も標高の高い沿岸地帯です。

この地域では、先住民によって昔からコーヒーが栽培されており、
コーヒーは自然からの贈り物で、
それは大地から私達の食べ物やフルーツが取れるのと同じように、
とても自然な方法で、コーヒーを生産しなければならないという信念のもと、
伝統品種であるティピカ種が有機栽培で守られてきました。

2016年8月に申請をし、
JASの認証団体JONA[日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会]より
認証をいただきました。

一本の木から収穫される量も少なく、デリケートな品種で、
生産者にとっては、なかなか厄介な品種ですが、
日本人の大好きな「口当たりが良く」「スッキリとした後味」
「後に来る甘み」など
品種由来から来る特徴は、代え難いものがあります。

 

 

NEWS」 2016.09.14 Wednesday



このページのトップへ戻る